売上が高い市販の育毛剤を選ぶ

売上が高い育毛剤ほど効果が見込める!?

最近頭頂部の薄さや生え際の後退が気になり、市販されている育毛剤の購入を検討し始めたあなた、どれを買えばよいか頭を悩ませますよね。一つ一つの商品に配合されている成分は全く異なり、成分の種類は無数にあります。いくつかの育毛剤売上ランキングを確認してみると、ある法則があることに気付きます。それは医薬品指定されているものが上位にランクインしていることです。特に第一類、第二類、第三類医薬品が多く見受けられます。医薬品指定が何を意味するかというと、副作用等のリスクがある代わりに、それ相応の効果効能が期待出来るということです。つまり医薬品指定されている商品のうち、売上ランキング上位の商品を選べば間違いはないはずです。

ミノキシジルは間違いない!

発毛成分として有名なミノキシジルですが、なぜこの成分が有名かというと、日本では唯一発毛成分として認められているからです。ミノキシジルを含んだ商品は、つい最近まで一社からしか発売されていませんでしたが、特許切れの関係で複数の商品が販売されており消費者には選択肢が与えられました。しかし、医薬品成分ということもあり一応副作用が生じる可能性もあります。頭皮のかゆみなど、主に局所的な症状がメインで循環器系の副作用はまれですが、我々消費者にとっては不安なことも多いでしょう。そのため長く販売経験のあり高い売上を出している商品を選ぶ方が安心で効果も見込めるでしょう。ちなみにミノキシジルを含む商品は第一類医薬品ですので、薬剤師さんのいる薬局等で購入しましょう。